風俗で本指名が誰でも最低20本は取れる理由と方法を伝えるブログ本指名は狙って取るものです。元風俗店長が、あなたの風俗の仕事に関する悩みを解決し、本指名を最低20本以上アップさせる方法を、基本的な情報から実践的な情報までお伝えしていきます。 

    このページの記事目次 ( ← 2016年03月 → )

    私は実在します…と、隙のお話

       ↑  2016/03/28 (月)  カテゴリー: 本指名を取る為の接客・サービス関連記事
    変なタイトルで申し訳ない>_<

    どうもお久しぶりです!

    いやはや…
    本当にお久しぶりでそれも申し訳ありませんm(__)m

    岡田です。


    ブログをこれだけアップしていないと、こんな疑問が生まれるようです。

    「あなたは本当に実在しているのでしょうか?」

    先日こんなお問合せをいただきまして…
    疑問は当然です。

    プロフの写真も3年ほどずっと変わらず(写真苦手っす>_<)、
    企画に関してと記事一覧だけが時を重ねていく感じ…


    コイツ大丈夫なやつか?ってなりますよね^^;

    大丈夫かどうかは自分ではわかりませんが、

    少なくともあなたに害はないので安心してください^^


    先ほどプロフのお写真に関して少し触れましたが、

    苦手なのもあるのですが、
    一応こういうお仕事なので少しでも自分を知って貰った方がいいかなと言うのはありまして…

    けれども撮り直そうにも、
    今ボウスが伸びて髪の毛も明るくなってて、

    美容室行けっ!って話なんですけど時間が勿体なく感じちゃって…

    とにかく、
    人様にお見せするとそれこそ害悪の対象となってしまう為、

    更新は今しばらくお待ちいただければとm(__)m

    参考までに、外見は変わってません笑



    さぁ得意の話脱線が出たので、
    本題に入ります。

    今日は「隙」について、
    先日サポートをさせていただいた内容を抜粋してシェアさせていただこうと思います。



    例えばあなたがお客様との距離を詰めることに悩んでいるのだとしたら、

    それはきっとテンポが良すぎるのかもしれません。

    そのテンポというのは、
    接客の流れのテンポということです。

    ああ来たらこう返す…そう来たらこう対応する…みたいな、

    経験を重ねていくと接客の流れを体に染みついて、
    相手とのやり取りをしているその場の雰囲気や空気、「間」というのをついつい意識し忘れてしまうこともあると思います。


    例えば本番なり店外なり連絡先交換の要求なりの禁止事項を躱す時、

    断る事が前提に立ちすぎていて、
    伝わり方としてはキッパリ!シャットアウト!みたいになっていませんか?


    もしあなたが恋人のような雰囲気を接客として作りたくて、

    本指名を取る為にお客様との距離を少しでも多く縮めたいのであれば、
    もしそんな伝わり方をしているのだとしたら改めなければなりませんね。


    これは禁止事項だけではなく接客の時間全てを通して言えるのですが、

    ある程度「隙」を見せることも重要なんです。

    今もしアンケートは良くてお客様の反応は上々!
    けど、本指名に繋がらないなぁ…感覚的には社交辞令だけで反応が良いようには見えないのだが…と言う方は、

    特に意識してみてください。


    そもそもなぜ隙を作るのが重要なのかというと、

    例えば恋愛の雰囲気を作りたいのであれば、
    相手からすると「この子オトしたいなぁ」と思われることです。

    「あれ?もしかして俺に気がある?」とか「もうちょっと押せばなんとかワンチャンあるんじゃね?」と思って頂くことですから、

    話していても真面目で良い子、
    サービス文句なし!気遣いもできて居心地も良い。

    けどまた「この子で通いたいという理由が定まらない」

    お客様から見ると嬢としては優秀、
    1人の女の子として見た時には高嶺の花で遠い感じがする。

    この距離を縮めなければ今以上に本指名は増えないですし、
    言い換えればすごく良いモノをすでに持っているので、ちょっとした接客の工夫で爆発的に本指名が増えることも現実的です。


    -あ~このマンモスかなりデカいし一人では絶対狩れないわ~、あっ向こうに群れからはぐれた小さ目のマンモスがいる!そっちならなんとななりそう!-

    みたいな、

    食うために狩りは必要で、
    だけども自分がやられてしまうリスクは極力抑えたい…

    なので、
    デカイマンモスでも足を引きずっていたらワンチャン狙いに来るでしょうね^^


    っと…例えが石器時代になってしまいましたが、

    隙とはそういうものです。

    風俗で言い換えるならば、
    もちろん本番なり店外なり連絡先交換は断ることは前提として、

    さらにお客様と本当に付き合うとか付き合わないとかは考えられないことも前提として、

    だけども、

    「え~どうしようかな^^」とかたった一言でも考えている素振りを見せるだけで、
    相手へと伝わる印象は全然違います。

    俺にも可能性が?ってなります。


    そして一旦追ってもらって、
    そこでわかりやすい条件を出すと相手にとって目標が明確になるのでさらに追いやすいです!

    例えばベタですが、
    「まだ○○さんとはあったばかりだし…お付き合いをしたいと考える人としかしないの。○○さんは良い人そうだけどもう少し時間が必要だね>_<」

    みたいな、
    「今は」お断りをするけどもいずれお受けする日が来るかもしれないという期待感を持たせる感じですね^^

    恋愛の雰囲気とは厳密に言うと違いますが、
    恋愛に至るまでの過程があって、

    イメージ的にはずっと過程を演じ続けるみたいな感じでしょうか。


    あくまでも現状の伸び悩みに対する、

    それを打破する為の手段の一つとして、

    「隙」のお話でした!



    この記事が参考になった、オモシロかったと思って頂けたら、

    ぜひこのブログのブックマーク登録・応援コメント・拍手ポチッなど、よろしくお願いします!

    あなたの温かいご声援が、
    ブログを書くモチベーションにも繋がりますんで^^


    っと…

    今回はYouTuberみたいな締め方で終わってみます笑

    ではまた☆

    (記事編集) http://honsimeiget.blog.fc2.com/blog-entry-231.html

    2016/03/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |