風俗で本指名が誰でも最低20本は取れる理由と方法を伝えるブログ本指名は狙って取るものです。元風俗店長が、あなたの風俗の仕事に関する悩みを解決し、本指名を最低20本以上アップさせる方法を、基本的な情報から実践的な情報までお伝えしていきます。 

    アドリブ対応能力を鍛える

       ↑  2015/07/24 (金)  カテゴリー: 本指名を取る為の接客・サービス関連記事
    こんばんわ(^^)

    いつもブログを見て頂きありがとうございます!

    どうですか?
    お仕事の状況は少しでも良くなっているでしょうか?

    ほんのすこしでもお役に立てているのであれば嬉しいです。




    さぁ本題です。

    例えばファミレスは、
    その日考えたメニューを出しているわけではありません。

    プランを立てて開発に没頭し、
    試行錯誤しながら美味しいメニューを世に送り出しているわけです。

    行き当たりばったりの、いつでもその場限りな接客ではいけませんよ?

    接客サービスを確認し、どう改善していくか…どうプランを接客プランを組み立てていくか…
    そんな中でもあなた自身で、あなたという筋を一本通しておかなければなりません。

    「これは行ける!これで行こう!」という、
    あなた自身が納得し楽しめるプランでなければ、

    お客様は楽しくないでしょうし、イマイチ掴み所を感じませんよね。



    掴み所というのは、
    あなたが本指名して頂く理由のようなものです。


    あなたがお客様に支持されている理由…

    ルックス?スタイル?
    これは新規様を集めるには有利な素質ではありますが、
    表面的なことだけでは本指名には繋がりません。


    では、あなたがお客様に支持される理由とはなんなのでしょうか。

    それは、
    あなたのする行動一つ一つです。

    例えば、

    話を親身に聞いてくれるとか、気を遣えて優しいとか、趣味があって話していて楽しいとか、
    サービスがウマいとか、責められている時の喘ぎ声がカワイイとか、甘えられてなんかほっとけないとか…

    そういった要素が積み重なってあなたのキャラクターとなり、
    あなたのキャラクターこそがお客様に支持される理由となります。


    しかし、
    そういったキャラクターを印象付ける上で、ザックリとしたプランは立てられても、

    実践ではそううまくはいきません。

    その場で臨機応変な対応ができるような…機転、アドリブを効かしていくことが大切です。


    これはとても極端なお話になってしまうのですが、

    先ほどお話させて頂いた「あなたの接客プラン」。
    ただプラン通りに当てはめて接客をしたとしても、それはあなたの考えたナイスプランなだけであって、
    実際に接するお客様一人一人にとってナイスであるかどうかはやってみなければわかりませんよね。

    それに、プラン通りに推し進めることによって、
    お客様の考えを無視することになりますので、それだけではお客様は楽しめません。


    そこで重要なのは、アドリブです。

    いわば背骨と背骨の間のアレありますよね。
    あのクッションの役割になったりするあの、椎間板って言うんでしたっけ?

    もしも背骨が真っ直ぐな骨一本だったら大変なことになりますよね。
    姿勢は常時良さそうですが、圧がかかってポッキリ折れたらそれまでです。

    背骨が何個にも分けられてて椎間板があるから、のけ反ったり体をねじったりしてもOKなわけです。

    と、思います。
    背骨に関しては専門外なので、例えとして出してみただけでした(^^;)

    話を戻します。

    お客様にはニーズがありますし、それぞれに合わせることはもちろん必要ですし、
    アドリブを効かせる場面もあるとは思います。

    つまり、
    柔軟な対応が大事とうことですね。


    じゃあ、アドリブってどうすればいいの?ってお話になりますが、
    アドリブ能力…つまり臨機応変な対応が上達する方法があります。


    まず一つは、複数の仲間がいるスポーツをすること。
    団体競技ですね。

    チームが勝つ為に、自分の持てる能力を発揮することだけではなく、
    時には仲間のミスもカバーしたり、逆にミスをカバーしてもらったり、

    その場面必要な行動を、瞬間的に判断し行動に結びつけなければなりませんからね。

    そこで得る考え方や流れなど、自分の人生や仕事に置き換えた時に、
    凄く考えさせられることが多いです。

    汗をかくことで、ストレスの発散にもなりますしね☆


    …え?
    いやいや、スポーツって。

    ですよね。

    ではもっと取り組みやすい、身近な所で言いますと、
    友達とたくさん遊ぶことです。

    …ええ、大真面目です。

    しかし、いつもつるんでいるメンバーとたくさん遊んでもダメですよ。

    友達のその友達でもいいですし、久しぶりに会う中学時代の同級生でもいいです。
    前の会社でお世話になっていた上司でも、例えばあまり話したことが無いスタッフさんでもいいです。

    別に一人じゃなくても、仲のいい友達プラス新しめの友達とか、
    始めましての合コンでも全然いいです。

    より多くの人の考えやキャラに触れているあなた自身を、
    たまーに客観視してみましょう。


    別に友達だと思っていなくてもいいんです。
    たまに会った中学時代の同級生に「今仕事何やってんの?」って聞かれても、言いづらければウソでも良いんです。

    ウソは高等なコミュニケーションスキルですからね。

    ウソというとちょっと聞こえが悪いので、
    自分を偽るという風に言ってみましょうか。

    あなたのしている接客という仕事は、少なからず自分を偽ることが必要なお仕事です。

    お客様だから接客できるわけで、
    プライベートだったらノーサンキューな方もいると思います。

    偽ると言っても、全てを偽るのではありませんよ?
    偽る必要が無い事であれば、偽る必要は無いでしょう。


    ただ、
    何分という短いコースの中で、どれだけ初めましての相手に好意を持って頂いて、
    さらには次回また来て頂けるかという仕事です。

    短い時間で自分自身を良く魅せることが必要なお仕事だからこそ、
    短い時間であなたの魅力を発揮させられる為に、何を成すべきかが大切だと思います。



    ウソについての話で大分流れてしまいましたが、
    アドリブ含めコミュニケーション能力を高めて行く為には、

    より多くの人を知り、よりコミュニケーションの経験を積んで、自分を知る事です。


    これを機会に、ちょっとずつでも、
    いつもと違う行動を心掛けてみてください。

    右利きだから右で箸を持ってご飯を食べる所を、
    たまに左手で食べてみてください。

    行動を変えれば、視野が広がります。
    考え方も広がります。

    少しの行動でも、積み重ねればあなたは変わることができます。


    ではまた☆

    -☆★

    関連記事

    FC2スレッドテーマ : 風俗(ヘルス・ソープ・ピンサロ) (ジャンル : 就職・お仕事

    (記事編集) http://honsimeiget.blog.fc2.com/blog-entry-174.html

    2015/07/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

    Comment

    コメントを投稿する 記事: アドリブ対応能力を鍛える

    お気軽にコメントをどうぞ。
    非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

      任意 : 後から修正や削除ができます。
      非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
     

    Trackback