FC2ブログ

    記事一覧

    あなたがどう頑張るか…に関して

    関節を鳴らすと良くないって言うじゃないですか?

    例えば指なら太くなるとか、
    首は神経が集まっているから危険だとか、

    そういったことを聞いて、
    少し意識をしてみると、

    どうもグワングワンして気持ち悪くなるので、
    結局鳴らしてしまうんですねm(__)m

    いやーでもよくないですよね~>_<

    首なんか、
    右に傾けた時だけ鳴るようになっちゃってて…

    整体とかカイロプラクティックとかで施術を受けても、
    どうもどうにもならんのです。


    あっ、
    もちろん関係ない話です。

    ふと思ったことを取りあえず書き出して、
    取りあえず指を動かすことで文字を書くことに集中するのが私のルーティンです^^

    あなたも何か、
    これをしないと落ち着かない!みたいなことってありますか?



    さて本題です。

    今日は仕事意識に関してで結構精神的なお話になりますが、
    結構重要なことだと思いますので、

    集中してみてもらえれば幸いです^^


    このブログを読んで頂いているあなたは、

    かなり仕事意識が高いと思います。

    本指名を取りたい…収入を増やしたい…

    そう思い、
    その思いがネットで検索をするという行動に繋がっているからです。


    そして、その高い仕事意識を接客に対しても、
    きっと行動に移せているのだと思います。

    仕事へと向き合う姿勢だったり、
    自分の中でこれっ!っていう大切な何かを持っていたり、

    日々を重ねるごとに試行錯誤し、

    結果が出れば自信に繋がりますし、
    逆に結果が出ないことが続くとドンドン自分を見失ってしまう…

    悩みながら自分というものを見付けていくのだと思います。



    中には、

    「どう頑張ればいいのか」「何が正しくて何が間違いなのか」「わからないことがわからない」

    そう思う方もいるでしょう。


    仕事意識が高いゆえ、
    相手を思いやりすぎてしまうんですね。

    お客様に楽しんで貰う。
    お客様に気持ちよくなってもらう。

    それ自体は決して悪い事でも間違いでもありません。

    しかし、
    お客様を大切にするからこそ、

    それがあなたの仕事意識を向ける方向として選んだ道でも、

    冷静に見てみれば、
    自分を抑え込んでいるだけになってはいませんか?



    そもそも自分をどう表現していいのかわからないという考え方は置いておいて、

    あなたも一人の女性であり人間で、
    風俗はあなたの個性を売る商売です。

    お客様を立てること自体が個性というようにも捉えられますが、
    全てを丸く収めようとして、数多くあるお店の中の多くの在籍女性の中から突出はできません。


    誰でもお客様に気を使っているんです。

    誰でもお客様の話を聞きますしプレイもするんです。


    じゃあ他の子とあなたの違いはなんですか?と考えてみた時に、

    あなたの顔でありスタイルであり、
    声であり話すペースであったり、
    好きなことや嫌いなことであったり、
    例えば今の日本はどうか?と問いかけられた時の考え方であったり、
    例えば好きな音楽を聞いてどう解釈しどう感じるかの感覚であったり、

    あなたの存在自体が、
    他の子と違うんですね。

    なので、
    例えば他の子と同じくキスをしますが、

    キスの仕方がすでに他の子と違いますし、
    抱き合った時の感触だって他の子と違いますし、

    同じことをしても同じではないんです。

    少なくともお客様からしたら、
    この子とこの子は同じだね!っていう意見は無いんですね。

    雰囲気が似ているとかなんとなくな感覚はありますが、

    お客様には、
    あなたをイチ個人として見る用意があるのです。


    しかし、
    自分を抑え込みお客様に合わせる接客に徹してしまっては、

    お客様はあなたのことが見えないので、
    印象が付きにくくなり、

    本指名をする理由が思い当らないのです。



    「あなた自身を表現する」


    例えば、あなたの趣味はなんですか?

    それが例えお客様の趣味とは違っても、
    -この子はこんな趣味がある子-という印象が付きます。


    あくまでも自己表現の一つで、
    自分を明かすということの例えでしたが、

    自己表現をしてもいい…むしろ自己表現が必要なお仕事です。



    あなたが今大切にしている仕事意識が、

    もしかしたら「イチ風俗嬢」以上の印象を与えられていない可能性があるということです。

    間違いではありません。
    しかし、プラスアルファ…そこに「あなた」を上乗せしていくよう考えてみてください。


    極端な話、
    「昨日上司からこんなことで怒られてさぁ」と相談をされた時、

    「そうなんだそれは辛かったね~」で擁護してあげるのではなく、

    「それは辛かったね、けど○○さんもダメな所もあったんじゃないかな」と指摘をしてあげることも必要と言うことです。

    あくまでも極端な話ですよ?
    人を選んだり空気を読んだり、もっと話を掘り下げてみてからというのも細かく言うとあるのですが、

    「あなたの考え方を伝える」ことの大切さを言いたかったのです^^

    否定ではなく、
    理解した上での一個人としての意見です。



    「お客様」

    として見るのは前提として、
    なかでも少しでも身近な存在のように接してあげるのが、

    距離を近づける為に必要な姿勢です。



    もし今どうしていいかわからないと思っているのだとしたら、

    少し肩の力を抜いて接してみてください^^

    ではまた☆




    -■PS

    3・4月度「本指名獲得大作戦THIRD企画」

    受付終了まで残りおよそ1週間となりました!

    今回は少し長めの期間、
    そして多めに募集をしてきましたので、

    枠はまだ空いてます^^


    本格的に本指名を取る為のアドバイスを受けたい!と興味のある方は、
    募集ページの記事をご覧ください☆

    【最短1か月で本指名を20本アップ!】本指名獲得大作戦THIRD募集に関して
    関連記事

    コメント

    名無しさんへ

    コメントありがとうございます^^
    私の書いた記事が、名無しさんのお悩み解決…もしくは軽減につながったようで、
    とても嬉しいです!

    また何かに悩んだり辛くなる時が来たら、
    気分転換の意味でも気軽に見に来てやってください^^

    偶然目にとまり読ませて頂き、まさに、今の私が悩んでることです。
    何が良くて何が悪いのか分からず。
    この記事を読んで、かなり肩の力抜けました。
    本当にありがとうございます。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ・プロフィール

    風俗嬢専門接客コンサルタント岡田

    Author:風俗嬢専門接客コンサルタント岡田
    元某風俗店責任者。
    風俗業界における、風俗で働く女性専門の接客コンサルタント。

    女性への接客指導、本指名指導、男性スタッフへの業務指導を得意としています。

    私の仕事経験の中でも、
    一番やりがいを感じたのがこの風俗でのお仕事です。

    さらにその中でも、

    「女の子に本指名を取ってもらう」

    この事が、
    一番やりがいと達成感を得られた仕事と感じております。

    共に悩み、共に答えを導き出す。

    そして結果が出た時の喜び、
    これが私にとっての生きがいになりました。

    風俗で働くより多くの女性のお力になれるよう、
    日々努めさせていただきます。

    よろしくお願い致します。

    ・最新記事一覧

    ブログ内記事一覧を見やすくマトメてみましたヽ(´▽`)ノ 2017/03/25
    【本気で稼ぐ】コンサルティング付企画【目指せ本指名50本オーバー↑】 2017/03/25
    【風俗嬢限定】本指名が取れる接客マニュアル508ページ【男を虜にする方法】 2017/03/25
    新しい本番要求の躱し方!その方法は、「躱さない」…だと? 2017/03/23
    3年間ヘルスでナンバー1だった子の話 2017/03/10
    本番強要という禁止事項の対処から本指名へ繋げる接客例 2017/03/03
    本指名中毒患者にお薬を 2017/02/09
    お客様があなたを本指名をする明確な理由が近づいてきましたよっと 2017/02/04

    ・FC2アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    アダルト
    6697位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    風俗
    227位
    アクセスランキングを見る>>

    ・ブログランキング

    ・お問い合わせはこちら

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ・ブロ友申請フォーム