FC2ブログ

    Article

            

    お客様との心の距離を詰める「モノマネ接客」は効果絶大?!(やりすぎ注意)

    2018/ 03/ 10
                     
    ご存知の通り(知らない人がほとんどだと思いますが)、店舗でのスタッフを辞めてネットを主流として全国を対象にこのお仕事をさせて頂いてから、
    以前にも増して「信用・信頼」関係って大切だなと感じる事が多くなりました。

    それが例えほんの少しでも信用を感じて頂けるのは、
    とてもありがたく、幸せに思いますm(__)m


    というのはですね、

    私のような活動をしている人は少ないですし、
    あなたとこうして出会えるのはインターネットを通して、文章でコンタクトを取る事がほぼ100%そうです。


    そんな環境の中、
    私の記事から人間性や能力を察して頂いて、

    コメントなりメールなり企画なり、

    あなたからコンタクトを取って頂く事でしか、

    私たちは知り合えません。


    そしてそれは、

    決して私から求めることでは無いと思っていて、

    あなた自身が私という人間を判断いただき、
    興味を持っていただた上でさらにあなた自身にとっても利があると思って頂いた上でのアクションでなければ、

    私の発する情報に疑いという概念を挟んだうえで私のことを見てしまう…


    ですから私自身がまず、

    あなたに知って頂く為に、コンタクトを取って貰えるように、

    あなたの力になれるように、

    気合と気持ちを込めて、これからも記事を書き続けていこうと思います!


    っと私の気持ちはここいらで置いておいて、

    そうそう、
    信用についてのお話なのですが、

    仕事・友達同士・男女間とのお付き合い・結婚、あらゆる人付き合いをしていく中で、
    信用・信頼関係は切っても切り離せない関係にあると思います。

    自然と気付いたら積み重なっていくもの…
    そして自ら意識して積み重ねていくもの…

    人に頼られることの嬉しさ、頼る相手がいることの安心感。

    逆に、頼ることによる相手への気遣いや、頼られることの辛さやプレッシャーも
    同じように出てくると思います。


    例えば、
    私の友達にこんな女の子がいるんですね。

    基本自分に自信がなく、いつも彼氏の顔色を伺って、

    「私がいない方が、彼氏は幸せなのかな…」と
    何かしらマイナスな方向へ捉えるような子です。

    しかし彼の事が好きで独占欲が強く、

    彼氏が一人で遊びにいく事も、
    男であっても友達との連絡を不審に思ってしまうくらい、

    束縛が激しいみたいです。


    その子自身になりきって考えるとわからなくはありませんが…

    「私はいない方がいい」という気持ちと、「ずっと一緒にいたい」という気持ち、

    これらは男目線から考えると…いやきっと女性目線から見てもそうだとは思いますが、

    相反する気持ちは交わって進展することがありません。


    彼女の真意はわかりませんし、
    好きだからこそ考えることもたくさんあるでしょうが、

    第三者から見ると「いやいやどっちなんだよ!?」と、
    思っている事と行動が一致していないじゃない?と思ってしまいます。


    まー感情と言うものはそういうものなんでしょうがね>_<

    理屈じゃなく、
    真っ直ぐに自分の思いや考えを表現できないことはありますし>_<


    しかしその子とお付き合いをしている男性的にも、
    あまりにもこういった状態が毎日続くみたいなので、

    彼女の「私はいない方がいいんじゃないか…」という言葉が、
    彼氏からしたら、「遠まわしに別れたいって言ってるんじゃないか?」という勘違いを生むこともあるでしょうし、

    彼女の言う「好き」「ずっと一緒にいたい」という言葉も、素直にまっすぐ受け入れられないような…
    そんな心境に陥ってしまうでしょう。

    彼氏もそう思わせてしまっている原因があるかもしれませんし、一概にどちらが良い悪いの話ではありませんが、

    このままだと、お互いの心は離れていってしまうのではないかと心配です。



    変な話!と思うかもしれませんが^^;

    このように、
    相手への気持ちの伝わり方は、

    自分が思っているように伝わっていない事がほとんどだということを言いたかったのです。


    今の私が説明した文章でも、

    人によって、
    そして男女という性別によっての捉え方も違ってくると思います。
    ミラーリング


    私は、
    「人と人は完全には分かり合えないものだけど、
    分かり合えないからこそ、

    お互い理解しようとする気持ちが大切で、
    それを止めてしまった時点で関係は終わる」


    と思っています。

    これが仮に血のつながった家族とか、すごく仲のいい親友と呼べる友だったとしても同じです。

    自分と周りの脳みそが繋がっているわけではありませんからね!

    「本当はから揚げにレモンかけるの好きじゃないのに、当たり前のようにかけるから仕方なく…」

    なんて、
    思っていても相手には伝わりません^^;

    当たり前ですが、
    自分は自分で周りは周りです。



    これを接客に置き換えて考えてみてください

    当たり前ですが、
    風俗で働く女性は、”お客様”に接客をしています。

    ”接客”をしているので、
    趣味の話・仕事の話・恋愛について・雑談など、

    お話はするけれどもどこか壁があるというか、

    普段仲のいい友達とか好きな人に対しての接し方とか意識とは違いますよね?

    あくまでも接客ですので、
    仕事の範囲として、

    沈黙の間をできるだけ作らないようにとか、
    相手に楽しんで貰える空間作りの一環としてやっているにすぎません。


    本来はそれが普通です。接客のプロとしての仕事意識で、大切なことだと思います。


    しかし、

    仕事として…つまり「風俗嬢」としてお客様に接していることを、

    お客様が察するのであれば
    お客様も「お客様」として距離を置いてきます。

    それ以上の心の距離は縮まらないという事です。



    時には距離が縮まりすぎないように、
    お客様に根っこでの関係はお店の中だけだよ~ってことを遠くに察していただくことが必要な場合もあるとは思いますが、

    この記事ではお客様との距離を縮めるような考え方に特化して考えてほしいので、

    さらに上の接客に対する考え方を持ちましょう!



    つまり、

    先ほど言った【仕事の範囲】、
    これをさらに突き詰めて考えるという事です。

    接客だけど接客じゃない接客という意味です。



    ”接客”に捉えられない、接客。
    まるで普通に女の子と話しているような、自然な空気感を作り上げて、

    お客様から見てお店の在籍の一人としてよりも、

    さらに上関係性である一人の人間同士、立場肩書を抜いて一人の男性一人の女性としての、
    あなた個人の魅力が相手に認識されて作り上げられる接客ということです。


    そこでその為の接客手段の一つとして、
    タイトルで「モノマネ接客」という言葉がありましたが、

    心理学的な用語でいうと”ミラーリング効果”といいます。


    このミラーリング効果とは本来、好意を持っている相手に対し、
    無意識に相手と同じような行動や言動が表れる「行動心理」です。

    例えば相手が頭を掻いたら自分も頭を掻くとか、
    相手が右足を上に組んだら自分も右足を上に組むなど、

    まさに鏡ですね!

    ですがご想像の通り、
    やり過ぎるとウザいですし…あざとく感じられます。

    バカにしてんのか?と思われない程度を見極める目やタイミングってのも重要ですね^^


    これをもっと根本の意識的な部分で考えると、

    極端に言うと相手がイライラしていると自分もイライラしてくるとか、
    相手が楽しそうに話していると自分もつられて楽しく感じるといったことにも当てはまると思いますし、

    先ほどお話した、
    自分が嬢として仕事感満載で接すると、

    嬢と客以上の関係性は築きにくいということにも当てはまると思います。


    ここまでわかっているのであれば、

    本来は無意識な行動をあえて意識してミラーリングすることで、
    相手へのあなたの気持ちの伝わり方や印象を変えられるということですね^^



    もし料理を振る舞うお店ならば、
    料理で満足させる事が主なのでそこまでの接客は求められません。

    もちろん接客を突き詰めたほうが良いにこしたことはないですし、
    新商品や品質の向上など飲食店ならではの苦労や、考えることはたくさんあるでしょうが…


    風俗の場合、

    あなた自身魅力や接客やサービスがお客様の満足に直結するので、
    非常にデリケートなものだと思います。


    いかにお客様に満足して頂くか…楽しんで頂くか…

    それは頭で事前に考えて接客を想定しておくことも必要ですが、
    実践して得られる経験が圧倒的に大切です。

    実践で得られる経験こそが最高の経験値ですので、
    良い事も悪い事も、全て次に繋がります。


    ですので、

    まずあなたの、実践で得られる経験値の質を上げるためには、

    何より自らの行動や仕事へと向き合う姿勢、意識がすごく重要です!


    例えば極端に言うと、

    お客様とイチャイチャしたい!と思うのであれば、
    あなたからイチャイチャしていく…

    お客様に興味を持って頂きたいのであれば、
    まずはあなたからお客様への興味を示していく…


    あくまでも例ではありましたが、
    そういった行動や向き合う姿勢があった上で、

    その実践という過程で得られた経験という結果を、
    次にどう繋げられるかという…

    それだけではなく、

    ハナから次へと繋げるために経験を得るという考え方でも、
    今のお仕事と向き合って考えて頂きたいです^^


    ではまた☆
    関連記事
                             
                                      

    コメント