FC2ブログ

    Article

            

    スポンサーサイト

    --/ --/ --
                     
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
                             
                                      
            

    お客様に、苦手な会話知らない話題をフラれて困っているあなたに「ベストな回答」があります

    2018/ 03/ 19
                     
    こんばんは!
    さぁ久々に風邪を引いたようです。

    ふしぶしがいたいです。

    しかしブログを通してならあなたには移る心配はないでしょうから^^
    遠慮なく今日も書かせて頂きます!

    本日もこのブログがキッカケで、
    少しでも風俗で本指名を取り増やしていける女の子が増えるよう祈っております。



    では本題へ、

    つい先日頂いたコンサルメールの内容の一部抜粋なのですが、

    「働いているお店のスタッフさんから、『お客様のタイプに合わせて接客して!』と言われるんですけど、どうしたらいいのか…。」

    あーよくあるよくある…
    非常に抽象的な物言いですね>_<

    まースタッフの気持ちや伝えたいことはよくわかります。



    しかし、

    女の子にとって、全てのお客様に合わせて接客することが、どれだけ難しいことかorz

    もちろん仮に私が女の子だったとしても、
    いや私が女の子になる必要はないですね笑

    面接で初めましてなシチュエーションでちょろっと女の子と話したとしても、
    どういうタイプ…どういう人間性なんて数十分の時間じゃわかりません。

    いやしかし、
    アタリは付けますがね!

    こういう人かな?っていう、
    振る舞いや話し方、話す内容からこういうタイプの人かな~という予想は立てます
    し、

    自分で言うのもなんですが割と当たっていることが多いのですが、

    それでも、
    本当の意味で目の前の人を理解するというのは、

    正直全てを理解するという意味では不可能です。




    ですのでまず、

    『全てのお客様に合わせる接客をする事は無理です』

    そんなん無理無理!
    斉木楠男くんみたいに相手の心が読み取れる人じゃないと無理です。

    それにお客様に合わせる事を考えすぎると、
    お客様がどういうタイプを求めているのか考えすぎてしまい、

    接客もサービスも後手後手になってしまいます。

    本来のあなたの魅力が発揮されずに、
    不完全燃焼で接客を終えてしまう可能性が高くなる
    ということですね!




    ですので、
    お客様に合わせられなくて悩んでいるあなた。

    合わせられないとダメなんじゃないかと思っているあなた。


    あなたは悪くありません。
    ダメでもないので安心してください。




    ですがとは言っても、

    先ほど私自身に照らし合わせたように、

    ある程度アタリを付ける…予想を立てておく。そしてその予想を信用しすぎない程度に置いておいて目の前の人と向き合うという姿勢は、必要だと思います。



    ではどうしたらうまく接客できるのでしょうか。

    まずですね、
    【無理をしないこと】

    意外と無理してしまうんですね。そしてボロが出るみたいな。


    例えばパチンコ好きなお客様…結構風俗のお客様人口では多い方ですよね!

    パチンコが好きで趣味な方がいたとして、
    ある機種の話をしてきました。

    そこで雰囲気を崩したくないとか、お客様と仲良くなりたいという気持ちはわかりますが、

    知りもしないのに、
    「知ってる知ってるー♪」なんて言ってどうするんですかその後…って話ですよね>_<

    内容を掘り下げられても、
    ついていけない事は目に見えてます。

    すごく極端に言いましたが^^;



    そこで、
    あなたの知らない話題…ノリずらい話題が上がってきたらのベストな回答例があります!

    それは、

    「すいません、私○○(その時の話)詳しくないんですよね。でも興味があったので、○○さん(お客様の名前)が詳しくてよかったー☆教えてもらえませんか?」


    これです。

    ちなみに上記のような言い回しを相手に伝えるうえで、
    いくつかの抑えておくべきポイントがあります。

    ■ポイント1.知らない事は、素直に知らないと言う。
    ■ポイント2.お客様の趣味や好きな事を理解したいという事を伝える。
    ■ポイント3.他の誰かではなく、お客様から知りたいという事を伝える。

    ポイントを踏まえる事で、会話に困る事もなく、
    場合によっては聞いているだけでいいみたいな状況も作れます。

    お客様としても頼りにされて気分がいいでしょうし、
    お客様自身が好きな内容のお話であれば話していて苦にはならないでしょう☆



    もちろん今言ったことはほんの一部にしかすぎませんし、
    例えば一枚の折り紙から、紙飛行機ができたり、折鶴ができたりと、

    さまざまに形を変えることができるのと同じです。

    全ては、基本の応用です!




    っと話がまた脱線しそうになりましたが…このように、
    あなたは知らなくてもいいんです。

    しかし、

    コミュニケーションを重ねれば重ねるごとに、
    お客様のことを知る気があれば知ることができます。

    ではお客様の距離をつめて仲良くなろうと思うならば、
    お客様の好きなことに興味を示し、

    自分も知りたいという姿勢を見せることですね!


    以前お話をさせて頂いたミラーリング…「モノマネ接客」の記事ですね!そこでもお話させて頂いたように、
    ミラーリングの応用ができます。



    ここで勘違いをしないでほしいのが、
    ミラーリングは重要なスキルなのですが、

    相手を理解する姿勢だけではなく、
    自分も理解をしてもらうことが大切ということです。

    それはあなたらしさ…つまり個性が必要なんですね。
    個性が無ければロボです。


    まず、
    なぜ世界中の人間が別な顔を持ち、性格も声も違うのか?

    それは、
    個性であり、あなたにしかないものです。

    そしてあなたにしかない個性を求めている人が必ずいるからです。

    それが多いのか少ないのかは大した問題ではありません。

    個性は、
    自分が存在している証です。


    だからまずあなたが考えるべきは、
    自分自身を好きになってあげてください^^

    好きになれずとも、
    少しでも自分を認めてあげてください。

    自分の性格、趣味、コンプレックスに感じている部分、全てをまずは、
    あなたが理解して、認めようと努力してください。

    あなたという自分自身が、
    まず根本にあることを忘れないでください。



    それを踏まえたうえで、

    しかし…

    自分のやりたいように接客し、あなたらしさを全開に出した接客を求めているお客様は、
    果たして多いでしょうか?

    あなたがしたいことをして人があなたを必要とするでしょうか?

    言っていることがグチャグチャになっているように聞こえるかもしれませんが、
    どっちも大切なんですね!

    あなたらしく在ることと、
    人に合わせること。バランスです。




    大切な心構えは、
    人対人という事。

    お客様と風俗嬢という関係の根っこに、人と人という関係があります。

    それが大切なんです。

    男と女という関係も、人と人という関係の上に成り立っています。
    お客様のタイプを見極めるのも必要ですが、

    ※お客様をお客様と思っているだけでは、
    お客様の心は開きません。


    うわべだけいくら取り繕っても、
    人は見えてきません。


    例えば、
    あなたと同じように、お客様にもコンプレックスがあります。

    それは、顔、性格、過去、仕事、様々ですが、
    なかなか自分の悪いと思っているところは、そう簡単には自分で認めたくない・認められないものです。

    だから、そのコンプレックスをあなたが気付き、認めてあげる事ができれば、
    お客様と深い人間関係が結ばれます。


    自分を認めてくれる人がいて、その相手に自分をさらけ出せる事は、とても気持ちがいいものです。

    ・さらけ出す=お客様 → 認める=あなた 

    それだけではなく、

    ・さらけ出す=あなた → 認める=お客様 

    という関係性も同時に意識をすれば、
    お互い自分に自信が持てるようになり、お互いを必要としあえると思います。


    風俗という仕事をしている上で、
    あなたがお客様にそんな関係を求めていない事は、もちろんわかっていますよ笑

    求めてないにしろ、
    ”演じる事”も風俗で働く女の子としての大切な仕事です。



    キャッチボールは相手が居て成立するもの。

    キャッチもあればリリースもあり、
    お互いが相手を目がけてキャッチしやすいようにリリースをするということも大切です。



    そして、立場的には、
    あなたがお客様をもてなす側にいます。

    もてなされる為にお金を払って基本来店をなさるので、
    先ほど言ったようなさらけ出すさらけ出さないの件は、

    まずあなたがさらけ出すことを意識することが大切です。


    ちなみに、

    さらけ出すの意味合いは個人情報を明かすとかではなく、

    例えば初めに自己紹介をする時は、
    「いや、写真指名だし、ネット指名だし、相手は私の名前くらい知ってるでしょ!」じゃあなくて、

    初めましてなのですから、
    あなたからまず名前(源氏名)を言って相手の名前を伺うのが自然の流れであり筋です。

    日本人の思う筋として真っ当なコミュニケーションのキッカケ作りです。

    例えばいきなり何歳~?と聞くのは、
    極端に言うと失礼に当たるということですね!



    そして例えばですが、
    相手から一方的に情報を引き出すのではなく、

    そこに自分の情報も盛り込んで話を進めた方が信頼関係は築きやすいですし、
    お互いを知るという意識は親近感を覚えることに繋がります。

    まずはあなたから!

    お客様に好意を持って頂きたければ、お客様に好意を示す。
    お客様に興味を持って頂きたかったら、お客様に興味を示す。


    あなた発信で、お客様との関係を深め、
    人と人とのコミュニケーションを意識して、

    また会いたいと思って頂ける空気、環境を作っていきましょう☆


    いつもいつも、
    長くまとまりを感じにくい文章を読んで頂き恐縮ですが、

    ありがとうございますm(__)m


    良ければまたの更新を楽しみに待って頂けると、なお嬉しいです!

    ではまた☆
    関連記事
                             
                                      

    コメント

            

            
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。